スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車保険に入る時、これだけは押さえておきたいポイント

2017.05.26.18:15

自動車保険に入る時、これだけは押さえておきたいというポイントがあります。


スポンサーリンク


①車を主に運転する人
契約者と主に運転する人が異なる場合は、注意が必要です。
「記名被保険者」には、メインで車を利用する人の名前が明記されていなければなりません。

②車の所有者
車の所有者が、契約者と違う場合には注意が必要です。
オートローンやリース契約の場合は「貸主」の明記を忘れてはいけません。

③運転者の年齢条件
年齢条件に関しては、保険関連の条件付けでもかなり重要です。
運転する人の年齢制限を設けることで、保険料を安く出来る特約ですが、 仮に「35歳以上担保」で年齢条件を設定している場合、34歳の運転者が事故を起こしても、一切の保険料は支払われません。
そのため、年齢条件は「乗る可能性のある一番若い年齢」に基準をあわせる必要がありますので今一度、年齢条件を確認してください。

④被保険人の免許証の色
免許の更新で、免許証の色が変わることは多々あります。
特に更新時には注意が必要です。



⑤運転者限定の有無
年齢条件と同じくお子様が運転する場合は「本人限定」や「夫婦限定」を外しておく必要があります。

⑥車の使用目的
実際に設定している目的と違う利用時の事故は、保険金の支払い対象外になるケースもあります。
判断基準は週5日以上、月に15日以上継続してその用途に使う場合です。

⑦車両
契約書に記載されている車体番号、登録番号、登録年月や安全装置など車検証と契約書が同一のものであるかの確認が必要です。

⑧保険期間
かならず納車日や乗り始める日にあわせて保険期間を正しく設定します。
わずか数時間日時がずれている時の事故でも、補償期間でなければ、保険金は支払われません。

以上が自動車保険加入時に押さえておかなければならない8つのポイントです。

スポンサーリンク

comment

Secret

プロフィール

アセスさん

Author:アセスさん
自動車保険に加入して早30年が経とうとしていますが、ある日の新聞広告を見て驚きました。私と同じ車の保険料が車両保険を付けて、何と半分以下になっていました。そこから、私の自動車保険の勉強が始まるのですが、自動車保険に初めて加入される方は勿論、自動車保険の切り替えを考えている人には非常に参考になると思います。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。