FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各社、ロードサービス比較

2016.05.08.19:02





前回のブログで紹介した友人の自損事故ですが、ガードレールに接触した後

脱輪をしてしまいました。

すぐに保険会社に電話して「ロードサービス」を依頼し、対応して貰った

のですが、この「ロードサービス」とは、保険会社各社同じなのでしょうか?

興味をそそられ、各社のホームページを開き調べてみました。


まずは、大手損保会社の損保ジャパン、東京海上日動、三井住友損保

の3社を比較してみました。

私が見たところ、無料で補償内容の充実しているのは損保ジャパンです。

レンタカー代はオプションですが、それ以外の車両搬送代、ガソリン配達

応急対応(バッテリーのジャンピング、鍵開け、スペアタイヤ交換)、走行

不能で帰宅出来ない時の宿泊費、溝に落輪した時の引上げ費用まで補償

します。

東京海上日動は車両搬送代、ガソリン配達費用、応急対応費用までは

無償で、その他はオプション・有料となっています。

三井住友海上は特約(運搬・搬送・引取費用特約)のセットが条件で

「ロードサービス」を提供しています。

通販型自動車保険各社のロードサービス比較です。

アメリカンホーム、チューリッヒ、SBI損保、ソニー損保、三井ダイレクト

イーデザイン損保、大人の自動車保険の7社です。

代理店型自動車保険との差別化を図っているのか、有償のところは

少なく、ほとんどが無償でした。

その中で、私が一番と思えたのはチューリッヒでした。

理由は、セールスポイントにしている「レッカー費用」が最大100KM

まで無償というのと、「脱輪の引上げ」は勿論のこと、「キー紛失の時

の解錠・キー作成のむりょう」は、その他の会社を一歩も二歩もリード

していると思います。

2番手は大人の自動車保険でした。

無料レッカー費用が300KMまでということと、その他のサービス

(バッテリーの回復、給油サービス、脱輪時の対応)が、常に上位

にあることでした。

特に脱輪時の補償は安心この上ないです。

通販型自動車保険を選ぶ際、保険料比較もさることながら、ロード

サービス比較をされることをオススメします。




comment

Secret

プロフィール

アセスさん

Author:アセスさん
自動車保険に加入して早30年が経とうとしていますが、ある日の新聞広告を見て驚きました。私と同じ車の保険料が車両保険を付けて、何と半分以下になっていました。そこから、私の自動車保険の勉強が始まるのですが、自動車保険に初めて加入される方は勿論、自動車保険の切り替えを考えている人には非常に参考になると思います。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。