スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

織田裕二 土屋大鳳が宣伝するイーデザイン損保は本当にお勧めか?

2017.05.21.21:49




通販型自動車保険も色々ありますが、その中でもイーデザイン損保の人気が高いようです。

俳優の織田裕二と土屋太鳳を起用したテレビコマーシャルをしているので、ご存じの方も多いのではないでしょうか?

イーデザイン損保は大手損保会社の一つである東京海上グループ通販型自動車保険です。

価格.com等の「お客様満足度ランキング」で1位を獲得していましたので人気のある通販型自動車保険と言えるでしょう。


それでは節約ポイントの保険料はどうなのでしょうか?

充分節約できるのでしょうか?

イーデザイン損保のホームページで保険料の例が載っており代理店自動車保険に比べ3割安いとなっていました。

本当かな?

東京海上日動のホームページで試算してみました。

イーデザイン損保の「30歳以上補償」を東京海上日動では「35歳以上補償」に読み替え、同じくイーデザイン損保の「走行距離」を保険料に反映する仕組みを東京海上日動ではとっていないという違いを考慮し、他は同じ条件で試算した結果イーデザイン損保の方が35%安い結果になりました。

かなりの節約になりますね。

ご興味のある方はご自分で試してください。


それでは通販型自動車保険の中ではどうでしょう?

イーデザイン損保は安いのでしょうか?

先日このブログで紹介した知人の見積りでは残念ながら、僅差ではありますが一番高かったです
それでも人気が高いというのは、CMでも言ってますが東京海上グループの安心を買うと思えばお得感があるのだからではないでしょうか?

これって結構説得力があるかも。

結論としては、イーデザイン損保は通販型自動車保険NO1と言ってもいいですよね。




スポンサーサイト

2016年度人気自動車保険ランキング・ロードサービス比較

2016.11.18.20:22




2016年度の自動車保険の人気ランキングが
発表された。

1位 チューリッヒ

2位 おとなの自動車保険

3位 アクサダイレクト

4位 SBI損保

となっています。

通販型自動車保険が上位を独占。

やはり、代理店型に比べ保険料が
最低でも2割は安いからですかね。

通販型自動車保険料の見積りは
保険会社のサイトや一括見積
サイトで出来ますが、その他の
付帯サービス、特にロードサービス
については大切なので、じっくり
調べることをお勧めします。


参考までに私が以前調べたロードサービス
比較です。

アメリカンホーム、チューリッヒ、SBI損保
ソニー損保、三井ダイレクト、イーデザイン損保
大人の自動車保険の7社を調べました。

代理店型自動車保険との差別化を図っているのか
有償のところは少なく、ほとんどが無償でした。

その中で、私が一番と思えたのは、今回も堂々
1位に輝いたチューリッヒでした。

理由は、セールスポイントにしている「レッカー費用」が
最大100KMまで無償というのと、「脱輪の引上げ」は
勿論のこと、「キー紛失の時の解錠・キー作成の無料」は
その他の会社を一歩も二歩もリードしていると思います。

2番手はこれも2位に輝いた大人の自動車保険でした。

無料レッカー費用が300KMまでということと
その他のサービス(バッテリーの回復、給油サービス
脱輪時の対応)が、常に上位にあることでした。

特に脱輪時の補償は安心この上ないです。

図らずも、私の評価もランキング通りになって
しまいましたが、皆さんもしっかり評価されている
ようです。





イーデザイン損保

2016.05.10.21:12





ソニー損保、アクサダイレクト、大人の自動車保険と言った具合に、通販型

自動車保険のテレビコマーシャルが流れない日はないですね。

その中で、イーデザイン損保のコマーシャルが気になりました。

何が気になったかですって?

イーデザイン損保があのメガ損保の東京海上グループの一員だからです。

これって競合しますよね。

イーデザイン損保について少し調べてみました。

価格.com等の「お客様満足度ランキング」で1位を獲得していました。

保険料はどうでしょう?

充分節約できるのでしょうか?

イーデザイン損保のホームページで保険料の例が載っており

代理店自動車保険に比べ3割安いとなっていました。

本当かな?

同じ条件で、東京海上日動のホームページで試算してみました。

イーデザイン損保の「30歳以上補償」を東京海上日動では「35歳以上補償」

に読み替え、イーデザイン損保の「走行距離」を保険料に反映する仕組みを

東京海上日動ではとっていないという違いを考慮し、

仕組みを東京海上日動ではとっていないという違いを考慮し、他はすべて同じ

条件で試算した結果、イーデザイン損保の方が35%安い結果になりました。


ご興味のある方はご自分で試してください。


それでは通販型自動車保険の中ではどうでしょう?

イーデザイン損保は安いのでしょうか?

「見積もりサイト」を利用して試算してもらいました。

残念ながら、僅差ではありますが一番高かったです。

CMでも言ってますが、この保険料で東京海上グループの安心を買うと思えば

確かにお得感があるのでしょう。



プロフィール

アセスさん

Author:アセスさん
自動車保険に加入して早30年が経とうとしていますが、ある日の新聞広告を見て驚きました。私と同じ車の保険料が車両保険を付けて、何と半分以下になっていました。そこから、私の自動車保険の勉強が始まるのですが、自動車保険に初めて加入される方は勿論、自動車保険の切り替えを考えている人には非常に参考になると思います。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。